Hatena::Groupogijun

ogijunの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-11-02

SUBWAYとか

02:12 | はてなブックマーク - SUBWAYとか - ogijunの日記 SUBWAYとか - ogijunの日記 のブックマークコメント

そして、さすがサブウェイ、店内にいる人に太っている人はいません。

そして、そして、残念ながら、ガラガラです(苦笑)。

《中略》

カロリーの高さや甘さと健康、事業者にとっては、とても、とても、バランスが難しいようです。

勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!: サブウェイ

たまたま目にとまった勝間さんblogのこの記事が気にかかる。SUBWAYあんま行かなくなっちゃったけど、なくなったらやだなあ。もっと使おう。それはともかく、アメリカにいるとSUBWAYがあんまり健康的だというイメージはないのだがなんでだろう。私が行ったときに太った客がいたかどうかおぼえてないけど、店の人は漏れなく太ったおねえちゃんだった気がする。それでもファーストフードしかない空港なんかでは重宝する。

事業者にとって利益率の高いものの方が値段も下がるけど、健康には好ましくない、という状況にどう対抗すればいいのか。外食産業は今後さらにアメリカ化してくると思われる。単純に少し高いお金を出すだけで解決するならいいんだけど、そもそも選択肢がなくなってしまうわけだから(すごくお金を出せばなんとかなるのは変わんないと思うが、それが出来る人たちはそもそも問題になってない)。

そう言いながら私も今日もなか卯とかさくら水産とか行ってしまうし。

こちらもたまたま目にとまった、よく知られているGoogleの最初の専属シェフの話。

Googlerはチャーリーにハンバーガーやホットドッグ、ブリトーなどのジャンクフードを要求します。そんなGooglerに対し、「私はそんなものを作るために雇われたのではない。もっと別なものを、有機栽培された食材を使った料理を提供するために私はここにいるのだ」と一喝。その後もチャーリーはテクノロジーおたく達に有機野菜の素晴らしさを語り続け、料理という武器を使い、Googleに小さな変化を仕掛け始めました。

Googleのストックオプション付きシェフの「いい仕事」に感動 - 中小企業診断士 和田伸午のおもしろビジネス放談

これで本当にジャンクフード好きな人の好みが変わってったんだったらすごいよね。母集団がGooglerなのでもともとの生活レベルがぜんぜん違ってるだけかも知れないけど。これがヒントにならないかなあ。

本が読めない

02:26 | はてなブックマーク - 本が読めない - ogijunの日記 本が読めない - ogijunの日記 のブックマークコメント

ツアー期間でそもそも時間が足りない、てのもあるかも知れないけど、なんか読むのが遅くなってる気がする。

てゆか、ツアーだったら移動時間あるからいっぱい読めるはずなんだけどなあ。いろいろとバタバタしてるからなんだろう。

トラックバック - http://ogijun.g.hatena.ne.jp/ogijun/20081102