Hatena::Groupogijun

ogijunの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-04-03

お値段

11:04 | はてなブックマーク - お値段 - ogijunの日記 お値段 - ogijunの日記 のブックマークコメント

 いいものはそれなりの値段がする。消費者は安くて品質のよいものを求めるけれど、それは当然だけれども、安易に応じて無理をするから企業がおかしくなっていく。

《中略》

 特に農産物をはじめとして、現代人は食品にお金をかけないです。中国産の冷凍ギョーザ事件にしても、少し考えればあんな値段で冷凍食品が買えないことはわかるはず。100円や300円といった低価格なメニューをそろえる外食産業もありますけど、そんな無理が「名ばかり店長」を生んだ一因とも考えられます。

 モノの値段が不自然に安いのは、その分だけ誰かが割を食っている証拠。企業と消費者の双方が歯止めを掛けるべきだと思います。

堀江貴文 エンジニアは誇り高くあれ/Tech総研

ちょっと前にこのあたりを読んで、ああ堀江さんいいこと言うなあと思ってたたら、昨日のやまけんさんのブログにも同様の趣旨の怒りのコトバが。

こうした状況を造りだしているのは、第一に安いモノばかり買う消費者、第二に食品価格を叩く小売や外食などの販売業者、そして第三に消費者におもねるマスコミである。

中でもマスコミがたちが悪い。新聞やテレビなどのメディアで食の問題を報道する際に、無意識的に「消費者が弱者である」というようなメッセージを流しているからだ。

やまけんの出張食い倒れ日記: また一つすばらしきメーカーが消えた。富士食品の納豆を懐かしく思う。食べ物が「安いこと」はそんなによいことか?生産者・メーカーが存続できないほどに安いことは、社会の悪ではないだろうか。

私は外食オンリーで自分でスーパーで食材を買ったりといったことはあまりしないんだけど、それこそ納豆が4パック100円以下とかで売ってるときに1パック150円のを選ぶ人がそんなにいるとは思えないからなあ。日本の食品の値段はとてもゆがんでいて、これは本当にやばい。

価格破壊が市場破壊や文化破壊を起こすことはどの分野にもよくあることだとは思うけど、その場合でも破壊されたものがしぶとく復活したりすることもあるとは思うのだけれど、食品や食文化の場合はそれを待ってる間に人間が死んでしまう。

トラックバック - http://ogijun.g.hatena.ne.jp/ogijun/20090403