Hatena::Groupogijun

ogijunの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-04-30

地震の日のこと (5)

10:57 | はてなブックマーク -  地震の日のこと (5) - ogijunの日記  地震の日のこと (5) - ogijunの日記 のブックマークコメント

相方を会社に送り届けたあと、自分は徒歩で家に戻ることになった。そこから家までだいたいの距離と方向はわかるのだが正確な道順がわからない。その時点で携帯電話もiPhoneも既に電池が切れていたので、まずは充電しようということでルノアールに入った。そこでコンセント借りて充電しながらようやくゆっくりネットを見てまわることが出来た。Twitterの私のタイムラインは同じく徒歩帰宅になった人が励ましあう場所みたいになっていて、そこに時折堀江さんが安否確認RTをしていた。

私は赤坂見附あたりから大井町まで歩いて帰るわけだが、だいたい南北線に沿って白金高輪から高輪台を抜けて五反田経由というルートがいちばんわかりやすそうだった。五反田あたりから歩いて帰るというのはよくやっているので後半の2,3kmは問題ない。22時くらいから歩きはじめただろうか。歩道はすごい人だった。車は全く動いていない。夜も更けてきただiPhoneにも地図データが降ってくるようになった。東京の中心部ではコンビニの商品がなにもなくなっていたが、南下するにつれて食べ物が残っているようになる。1時間半も歩いた頃には揚げ物とかホットスナック類まで残っていて、大崎まで来るとタクシーが流れ始めていた。待てば空車捕まえることも出来そうだったが、ここまで来たんだし最後まで歩くかと思ってそのまま歩いた。にゃんこクラスタは私がネコの安否確認のために家に帰るよー、というのを応援してくれていた。もちろんうちのあたりの揺れはたいしたことないし無事を疑っていたわけではなかったが、それでもありがたかった。そうして2時間少々歩いた末に家に辿り着いた。2匹のネコは寒そうにはしていたものの元気であった。出迎えてはくれなかった。にゃんずなりに緊張していたのではないだろうか。部屋は本棚の本が床に落ちて大変なことになっていたしベッドの上も本の山になっていたが、普段からこんな散らかり方してるので地震が起きなくてもこうだったかも知れないというような気もする。

その後、余震の度に普段は傍若無人なシロにゃんがびくびくし、繊細なサラにゃんは揺れには動じない。反応が全く違うのが面白い。よくまあこんな対照的な組み合わせになったよなあなどと思った。無事を感謝しつつ次の日に備えた。

次の日は次の日でまたいろいろとあったしその後もなんだかんだでがらりと生活が一変してしまったのだが、その話はまた別にすることにする。引越とか。とりあえず当日の様子としてはこんなものかなー。

トラックバック - http://ogijun.g.hatena.ne.jp/ogijun/20110430