Hatena::Groupogijun

ogijunの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-03-18

シェフの話 (2)

17:18 | はてなブックマーク - シェフの話 (2) - ogijunの日記 シェフの話 (2) - ogijunの日記 のブックマークコメント

その大江戸Ruby会議の懇親会でakrさんから話を振られて思わずいろいろしゃべってしまったのだが、その席でもそこそこ面白がってもらえたようなので、シェフ(料理人)とプログラマが似てるという話をもう少し。

才能あるシェフたちは定期的に勉強会をやっている。たとえばこの記事なんかはそういった「勉強会」の模様を伝えているのだが、この中でも私が定期的に訪れているお店のシェフが少なくとも5人は写真があったので、ああ行ってたんだなあというのがわかる。こういう大規模なものだけではなく数人で誰かの店に定休日に集まって、みたいなのはちょくちょく開かれている。プログラマって休日勉強会とか行かないと技術について行けなくなったりするし流行も次々変わるし大変だなあとか思うけど、そうやって常に勉強し続けないと最前線にいられないという仕事プログラマだけではないのだ。こういうので発表されたのとか業界誌に載ったのとか見ていろいろ研究しながら新メニューを考えたり既存のメニューをブラッシュアップしたりしているのであるWEB+DB Pressにあたるのが月刊専門料理かなw。

他にもいろいろあるので好評だったら続ける。

kakutanikakutani2013/03/18 14:312009年頃はRubyKaigiで言う価値もあったと思ってるんですが、2013年にはそれを言うのが必要な場所や、言うべき人は変わってきてるのかもなぁ、とは思ってます(人は歴史に対して垂直に立つから、そういう話が絶滅されるとそれはそれで困る。とはいえ時代に応じて語り口は変わっていくのかも)。ああ、そういう意味ではRubyWorld Conference 2012では島根でエモい話をしました(なんか現場に着いたら、今回言ったほうが良い気がした)。「キャハハハ、エモ〜い」と嗤われたとしても、ても、やるんだよ!! あとで来てもらえて嬉しかったです!! RubyKaigi 2013もよろしくおねがいします!

yuum3yuum32013/03/18 17:32続きお願いします

トラックバック - http://ogijun.g.hatena.ne.jp/ogijun/20130318