Hatena::Groupogijun

ogijunの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-03-29

まともな食事 (3)

20:48 | はてなブックマーク - まともな食事 (3) - ogijunの日記 まともな食事 (3) - ogijunの日記 のブックマークコメント

さてまともな食事について思いをめぐらすついでに自分のにとってのまともな食事とはなにかを考えてみた。大きく分けて自分で作る場合とどこかお店で食べる場合がある。自分で作る場合たとえば、ごはん+お味噌汁+副菜(1〜3品)あたりをこなそうと思うとどんなに手際よくやってもまだ1時間から2時間はかかってしまう。まあごはんとか炊けるの待っている時間もあるから拘束時間はもう少し短かいかも知れないが。これには買い物の時間は含んでいない。これはものすごく贅沢な状態である。やれるとしてもまあせいぜい週1回くらいだなー。毎日の日課というよりは、むしろ娯楽に近い。限られた時間料理という行為に費やすというのは現在自分には常に自由にやっていいことではない遊興である料理ってやってる間は無心になれるし技能が向上するのもたのしいし結果的にストレス解消になったりするからもっとやりたいんだけどなんだかんだで仕事に追われる身なのである。さてどこかお店で食べる場合、それはいもの外食と本気の外食場合がある。本気の外食というのは、何週間も前から予約してあったレストランに訪れて、ゆったりと会話を楽しみながら力の入ったお料理をじっくりと味わうというものである。言うまでもなくこれも遊興娯楽である。本気の食事はお店にいる時間だけで2〜3時間はかけるし移動も含めたらもっとである。とはいっても自分で作った場合と消費する時間は大差なく、満足度はるかに大きいのであるが。こういった2時間オーダーの娯楽というのは映画もそうだし演劇コンサートなどもあてはまり、実は大概の娯楽はちゃんと味わうには2時間程度は必要なのである。日々の食事のうち、自炊及び本気の外食というものはそういった娯楽と同列に並ぶべきものなのではないか。そう考えると、低所得層がファストフードしか行かないというのが、観劇に行かないだとかそういった事象対応していることがわかる。

残るは自炊でもなく本気の外食でもない場合なのだが長くなったきたのでまた今度。

secondlifesecondlife2013/04/01 07:45一人暮らしに限定するとそうなんでしょうね〜> (2)

ogijunogijun2013/04/02 00:18書いたあとで思ったけど、4人家族くらいまであてはまるんじゃないかなあと考えはじめている。まあ使う材料にもよりますが。そういえば子供の離乳食とかもつくるとやたら面倒なんだけどレトルト買うと8袋千円とかだったりして心揺れた。

トラックバック - http://ogijun.g.hatena.ne.jp/ogijun/20130329