Hatena::Groupogijun

ogijunの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-02-01

巨大な

10:57 | はてなブックマーク - 巨大な - ogijunの日記 巨大な - ogijunの日記 のブックマークコメント

3750万か。考えるとすごいな。自分が過去に関わったプロジェクトで、これはけっこうでかいなーと思ったのでも260万行くらいだった。それより一桁上とか想像つかない。100万くらいでももう全体像はわかんなくなってたけどね。あと単純に量の問題でもなくて、100万よりわかりにくい5万のシステムとかいくらでもあるけどね。コピペだらけのソースとか、圧縮率よさそうだな。どんなアルゴリズムが最適なんだろう。

けどまあ、世の中のほとんどはジャンクとコピペの撒き散らしなのだ。誰かがなにかやろうとして放置したもの、例えばsourceforgeにプロジェクト申請してファイル2, 3個チェックインしたけど動かないものとか、そういうのは世の中のソフトウェア資産全体から見たらプログラム中の書きかけで不完全な関数みたいなもんではないかという気がする。不完全なもののほとんどは不完全なままだし、かといって消えるわけでもない。

続く。

見積り

11:43 | はてなブックマーク - 見積り - ogijunの日記 見積り - ogijunの日記 のブックマークコメント

仕事の能力とはつまるところ見積り能力のことだとか。まあそうだよなと思わんでもない。

今、英語の本を読んでいる。精読でもなく斜め読みでもない、要するに普段日本語の本を読んでいるスピードで読むことを心掛けながら。やってみてわかったのだが、もちろん日本語の本よりは時間がかかるのは当り前だが、読み終わりそうな時期が読めないのである。日本語の本なら目次と最初の方を少しくらい眺めればだいたい何時間くらいかは想像できるが、英語だとそれが残り8時間なのか20時間なのかわからん、というレベルで読めない。これはいかんのではないか。まだ英語の文章を読むというのは私が身に付けていない行為なのだということが認識できた。あと10時間くらいで最後まで行って欲しいなあ。

プログラマに難しそうなことについて「こんなことできる? 」って聞くと、必ず「3ヶ月くらいあれば」て答える、みたいな都市伝説(?)がある。自分がやったことないこと(実は出来ないこと)は、全部見積り3ヶ月になってしまう。3ヶ月くらいがを抱くにはちょうどいい魔法の期間なんだな。プログラマだけじゃなくて、例えば「売上げを今の2倍に伸ばせないかな? 」「3ヶ月くらいあれば」みたいな。だがそれも24時間の積み重ねでしかない。

ちょうどつい最近、やたことはないがある程度チャレンジングな課題について相談されて「3ヶ月あればなんとかなるかな」という思いが頭をよぎった。これは危険な徴候だ。再考しないといけない。自分にとって英語の本レベルのことをシリアスな仕事として引き受けてはいけない。

ほしい..

12:39 | はてなブックマーク - ほしい.. - ogijunの日記 ほしい.. - ogijunの日記 のブックマークコメント

http://blog.livedoor.jp/sohsai/archives/51464356.html

http://portal.nifty.com/2009/01/30/b/

かわいい。かわいすぎる。しかも猫ウケもばっちりらしい。

ネコ科の方々にもご満足いただけることが判明しました。「枕にちょうどいい高さみたい」(ののさん談)

「住宅都市整理公団」別棟:【テトラファン必見】テトぐるみ!

買う。打ちたてコンクリート色10個くらい買う。かうったらかう。

巨大な(2)

16:28 | はてなブックマーク - 巨大な(2) - ogijunの日記 巨大な(2) - ogijunの日記 のブックマークコメント

続き。とにかくひどいものが世の中にはいっぱいある。3750行のシステムが今も動いてるのは奇跡的な感じなのかも知れないが、世の中のシステムは多かれ少なかれそんな感じである。だから我々はそういうコピペだらけでひどいものから学ぶことが出来るはずだ。私はここから「ベンチャー起業では、間違っていることよりも遅いことの方が致命的だ」という教訓への根拠が得られる気がする。コピペでもなんでもいいからとにかく何かを作り上げ、そしてそれを世に送り出す。件のシステムには今現在も開発に携わってる人がいるのかわからんが、現在の形が出来上がるまでには何世代もバージョンを重ねてもまれてきたはずで、それがちゃんと動くことと、世の中にちゃんと使われるものとして広まっていることに繋っているのだ。私はそのプロジェクトとは何の関係もないから外野で想像するだけだが、これがカンペキな設計を追及してそれが出来るまで出さない、というものだったら世に出る前にプロジェクトそのものが頓挫していただろう。

さらに続く(かも知れない)。

洋書の値段(2)

21:23 | はてなブックマーク - 洋書の値段(2) - ogijunの日記 洋書の値段(2) - ogijunの日記 のブックマークコメント

一昨日にここで洋書より和書の方が安いと書いたが、あっさりその逆のケースに遭遇してしまった。

Bowling Alone: The Collapse and Revival of American Community

Bowling Alone: The Collapse and Revival of American Community

その差およそ5倍。こういう日本で部数が出なさそうな大部の学術書はきびしいなあ。技術書が相対的に安いだけなのかも。

ゲスト



トラックバック - http://ogijun.g.hatena.ne.jp/ogijun/20090201