Hatena::Groupogijun

ogijunの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-06-14

ところで

01:18 | はてなブックマーク - ところで - ogijunの日記 ところで - ogijunの日記 のブックマークコメント

1万冊っていうと1人で選書できる範囲を超えてるのか、というとそれは実はそうでもない。私の蔵書が約7000冊で、これに買いたくても買ってない本をぜんぶ加えたらたぶんすぐ1万になる。だからやろうと思えばぜんぶ1人で選書し切ることは可能だと思う。ただ私が現在ストックを作るまでには20年かけてるので、そんな短期間に出来ることではないだろう。尤も、1人でやる必要はまったくない。それとは全く別の話題として、自分の蔵書を公開してみたいという気分はずっとある

もやもや

01:13 | はてなブックマーク - もやもや - ogijunの日記 もやもや - ogijunの日記 のブックマークコメント

ここになら書いてもいいかなあ。このところずっともんにょりしている案件があって、例の森の図書室である。そろそろプレビューになったらしい。ものすごい額が集まったりして注目度めちゃくちゃ高いんだけど、まあ知り合いもたくさん賛同してたりするしFacebookとかではおおっぴらに批判的なことが書きにくい雰囲気。でもいろいろツッコミどころという、ちょっとこれは、というところがあるんだよね。まあもともと私自身が本を軸にして人が集まる場所みたいなのに憧れがあるので、半分くらいは「このやろーこんなことで注目も金も集めやがってー」という嫉妬心も入っているのでまあそころツッコまれると痛いのであるが。ちょっと考えただけでも、著作権貸与権への配慮が見当たらない、1万冊少ないよね、でも選書し切れないよね、集めたお金から推測される会員数とキャパシティのミスマッチ、そして初年度の会員がどれくらい継続してくれるのか、そういうこといろいろ考えてくとどうも心から賛同できないのです。なんていうか、そういうことにいろいろ配慮した上でやられてるんだったら私が心配することはないんだけど、あまりそういう雰囲気が感じられなかった。もしこれがうまくいかなかったら、先行事例として暗い影を落とすことにならないか。考え過ぎっていうか余計なお世話だと思うんだけどそろそろオープンらしいので一応吐き出しておきました。

ゲスト



トラックバック - http://ogijun.g.hatena.ne.jp/ogijun/20140614